新興海陸運輸株式会社は輸入、輸出、通関業務、倉庫管理・輸送まで物流をトータルサポートする企業です。

新興海陸運輸株式会社
anniversary68

お気軽にお問合わせください


menu

新興海陸運輸のサービス


新興海陸運輸株式会社 倉庫番日記・ブログ

社内PEP委員会主催 倉庫業務勉強会が開催されました!

2017年7月10日


6月28日(水)社内の人事教育専門委員会であるPEP委員会にて、倉庫業務勉強会を実施しました。これは特に入社3年目までの若手を対象として、当社のコアな業務である倉庫業や通関業、港湾運送事業などを当社が保有する免許内容も含めて、その背景や業務の内容についての勉強会といったところでしょうか。私は残念ながら参加できなかったのですが、勉強会はもとよりその後の懇親会も盛り上がったようです、今回は参加者2名(人事総務グループ渡邊さんと財務経理グループ松本さん)の熱い参加レポートを掲載いたします。

(以下渡邊さんのレポート)

今回、第一回PEP主催の倉庫業務勉強会に参加させていただきました。

倉庫がどのような業務をしているのか詳しいことを知る機会がなかったので、
今回の勉強会は新鮮で学ぶことが多い勉強会でした。
最初は、部長と部長代理二人が倉庫業について説明し、その後急な発表でしたが、
入社3年目と2年目が日常の保税倉庫の業務についても説明してもらいました。
日々どんなことに注意して作業をしているのか、どのように外国貨物を管理しているのかを知り、
また事故が起こりやすい環境なので十分に気を付けなければならないと思いました。
これからも安全に正確な貨物管理に努めてもらいたいと思います。
(人事総務グループ 渡邊珠理)

 

(以下松本さんのレポート)


第1回PEP主催の倉庫業務勉強会を受講して感じたことは、AEO認定業者を維持するための意識づけとして%e5%80%89%e5%ba%ab%e6%a5%ad%e5%8b%99%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a2%e5%80%89%e5%ba%ab%e6%a5%ad%e5%8b%99%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a3

このような機会を恒常的に行うことが大切だと思いました。

AEO認定業者の維持は新旧社員が教えては学びの繰り返しで共通認識やノウハウに繋がるものだと思います。

今回は配布資料説明だけで終了しそうなところを、ベテランである海務の部長が、資料外である細かい手順等を聞きだし、

それを倉庫の若手に説明させ、講師陣が補足説明する形になりました。第1回目でどう進めていいか皆が手探りな状況で、

まだ不慣れな受講対象者の若手にアドリブで発言させ、足りないところを講師陣が、受講者に補足説明する構図は

単なる資料説明よりも面白いと思いました。このように臨機応変に対応できるのは、AEO認定業者としての自覚と認識による不断の努力と、長年の経験値に

基づくものだと思いました。

今後も保税倉庫として、特にAEO業者として、しっかり継続・継承していくための意識づけの一つとして、このような勉強会は大切だと思いました。

異動してきて不慣れな私も他人事ではなく、こういった勉強会の在り方や進め方を考えることで経験値にもなると思います。他の受講された方たちも皆が当事者意識を持って

仕事に活かしたり、仕事上の経験をフィードバックさせて、さらにいい勉強会になればいいなと思いました。

(財務経理グループ 松本良春)